いくら ひと粒ひと粒に秘められた元祖つっこ飯のルーツとルールとは?~はちきょうキッチン おいさー!~ | はちきょう市場

2022/07/05 10:55





https://youtube.com/shorts/tDLnAGRfcZw?feature=share

~ まずは、👆のムービー動画から、ご覧ください! ~


はちきょうの船頭こと、
いくら御殿の後藤です!

本日は、はちきょうの看板メニュー

「元祖つっこ飯」について改めて

ご紹介です!


ー  元祖つっこ飯のルーツは〇〇だった!? ー

自家製のたれに漬けこんだイクラを

豪快にご飯へ盛りつける「元祖つっこ飯」

は、はちきょうオリジナルのいくら丼

です。

この大粒のイクラは、どれも皮が薄いため

ぷちぷちという食感も楽しみながら


「美味しい!」と

創業以来、100万人以上の
お客様に愛されてきました。

この元祖つっこ飯、ルーツは

漁師さんたちの家庭の食卓で並んでいた

という「漁師飯」なのです!

醤油だれで味付けされた

新鮮な鮭イクラがたっぷり入った

大きなボウルがそのまま目の前に運ばれ、

「いくらは、美味しいうちに
 食べちゃいな!」と、
まるで『ふりかけ』のように


白いご飯にどんどん

『いくら』をかけて

食べていたとか!

はちきょうでは、

北海道のイクラをより豪快に

楽しんでもらうため、

漁師さんたちと同じように

大きなボウルからイクラを

すくい、お客様の目の前で

ご飯にかけるという、


「漁師飯」らしいスタイル
でご提供しています。

また、「はちきょうのいくら」は

漁師さんが漁で獲った、
海を泳ぐ元気な若い鮭の
イクラだけをご提供。

川に戻ってきた鮭のイクラは

すでに皮も固くなっていますが、

産卵前の海で獲れた鮭いくらで

あれば、皮も薄くて食べやすく、

自家製のたれに漬けこんでも

味が染みやすいため、いくらの食感や

美味しさをより楽しんでいただけます!




ー 元祖つっこ飯のルールとは!?ー

「それでは、これからご飯をお持ち
しまして、その上にいくらを掛けます。
よろしいと思った
ところで『ストップ』
をお願いいたします

「ストップが無い場合は、いくらが丼から

 こぼれるギリギリでいくらを止めます」

「漁師さん、農家さんが命がけで、

大変な思いで収穫した食材を使って

おりますので、


食べきれる範囲内でストップを

していただくよう、

よろしくお願いいたします!」

これは、元祖つっこ飯をオーダーされた

お客様へ、はちきょうが必ず行っている

ご案内です。


創業以来、元祖つっこ飯を

提供できるのは、過酷な海へ

船を出してくださっている

漁師さん、


美味しいお米を作ってくださる
農家さんがあればこそ。


また、北海道の港に上がる鮭の量も

年々減っていますので、

元祖つっこ飯を愛してくれる多くのお客様

といっしょに山や海、川や湖といった

豊かな恵みを授けてくれる自然を

守っていきたい。

年間約20トンのいくらを取り扱う

はちきょうだからこその思いとして、

お客様にお伝えしたい、

と考えているからです。




◆数量限定の特別セット 

残り少なくなってきました!!

~お中元、または北海道の
お土産に~

今回、ご紹介した

・はちきょうの 元祖つっこ飯のいくら醤油漬け 240g(80g×3P)

をはじめ、

・北海道 羅臼(らうす)産 真ホッケの開き 1枚 約450g前後

・ボイル タラバ肩脚(1肩 約800g)

を詰め合わせた、特別な海の幸の玉手箱。それが、

デラックス海鮮玉手箱 です!

売り切れ次第で終了の予定ですが、

おかげ様で「お買い得だね~!」と

お客様にも大好評!

予想以上の反響で
どんどん売れております!! 😊 

また、ご購入者限定特典として、

「元祖つっこ飯のいくら醤油漬け」が

入った箱のフタの内側にあるQRコードを

読み取ると

『元祖つっこ飯流 

  いくらのかけ方 解説動画』
も視聴できます。

どうぞお早めにお申し込みください!

夏の暑さを吹き飛ばしながら

本日もまた、元気いっぱいに

おいさー🔥